FC2ブログ
 

愛ラブYOU

□ さよならDJ □

さよならDJ 5

悪夢の1日が終わった。

いや、悪夢が始まったと言うべきか・・・・


樹さんに抱かれているとき、
情けないことに官能に身を委ね感じてしまった。
なんという恥知らずな女なんだろう・

「淫乱」という2文字が夏美の心に渦巻いていた。

マンションの自室に戻るなり、
着衣を脱ぎ捨て熱いシャワーを頭から浴びた。
八木の匂いも、樹の唾液もすべて洗い流したかった。

シャワーの水流を手に受け、ゴクゴクと喉に流し込んだ。
そして喉に指を突っ込み、流し込んだ湯を吐き出した。
八木の精液も、樹の精液もすべて吐き出したかった。

うえ~~~~っ!!!激しい嘔吐と共に先ほど流し込んだ湯を吐いた。
苦しくて、涙と鼻水が零れ落ちる・・・

シャンプーとボディシャンプーを
何度も繰り返し必死で身体を擦った。
つい先ほどまで樹を飲み込んでいた女淫も
熱いシャワーをあて、指で掻きだした。
『汚い!!汚い!!私は汚れてしまった・・・!!!』
シャワーの水流が淫核をくすぐる。
いつもなら密かに指で遊び、
オナニーで自分を慰めるのに今夜ばかりはまったく気持ちよくなかった。

hjg7a_fnj71_9.gif

シャワーを終えて髪をドライアップしているときに
ベッドの上に投げ捨てた状態のスマホが着信音と共に震えた。

ディスプレイには「shirakawa」の文字が‥‥
今、もっとも声を聞きたい人であり、
もっとも声を聞くことの許されない人からのコール‥‥

夏美は携帯を手に取ると、
付き合ってから初めて着信拒否のボタンを押した。

。。。。。。。。。。。。。。。。

翌日、定刻に樹が迎えにきた。
樹は上機嫌で夏美を助手席に乗せた。
いつもは後部座席に乗せ、話しかけても仏頂面の樹が、
今日はにこやかに笑みを浮かべ、
手を伸ばし夏美の太ももを撫でた。

「夏美ちゃん、今夜も生放送がんばってよ~」

「樹さん、私、どんな顔をして白川さんに会えばいいのか…」
いつもブースの向こう側から笑顔をなげてくれる白川に
今夜は笑顔など返せそうもなく、
自然と夏美は暗い表情となった。

「あ、そうそう。白川くんね、
早朝番組に移動になったから…」

「え?」

「けっこう早い時間の放送らしいよ~。
なんでも夏美ちゃんが寝るころに起きださないといけないらしい。
お互いにすれ違いの生活になっちゃったね。
まあ、ひとつの潮時ってやつかな。
これを機に彼の事は忘れちゃいな。
アイドルにスキャンダルはご法度だしね。
淋しくなったらさあ、俺がいるからね」
なんて卑劣な人たちなのだろう…
タレントは事務所にとって商売道具ということか。
恋愛の自由さえ奪われるなんて…

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ラジオ放送の調整室には、
前日と同じように相川が座っていた。という事は…
ブース内を覗くと下半身を丸出しにして、
ペニスをギンギンにして八木が待ち構えていた。

「夏美、今夜もがんばろうな」
ブースに入ると、
夏美の腕を取り強引に引き寄せて口づけをした。

「放送5秒前・4・3・2・・・」
相川がキューサインを出す。

「は~い、今夜も始まりました。
『夏美の春夏秋冬』最期までお付き合いをよろしくお願いしま~す」
できることなら飛んで逃げたかった。
だが、夏美にもプロとしての意地があった。

「まず最初のお便りは…
ペンネーム『ああん、いいわ~』さんからです。
『先日、僕はマッサージチェアを買いました』うわあ~いいですね~。
『これがまた、すごく気持ちいいんです』そうでしょうねえ。
夏美もマッサージ大好きなんですよ~」
シナリオを読んでる最中にも関わらず、
八木は夏美を立たせ、ブラウスを剥ぎ取り、
体中を触り始めた。

「あん…いや…」
地獄の時間が始まろうとしていた。

執拗な八木の愛撫に夏美は身体をくねらせて悶えた。

『おい!何か話せ!
昨夜のように多少喘ぎ声をだしてもいいように
なんとか繕え!』
ヘッドホンから相川の金切り声が聞こえる。

八木はお構いなしに夏美の脚を開かせ、
下着の上から菊門の位置を確かめると
布地越しに指をグリグリと突き立てた。
「あん!‥・そ、そこは‥」

thumb300_20190718193551550.jpg

『おい!ちゃんと仕事しろ!
リスナーから苦情が来るぞ!!』
相川が怒鳴る。

そ、そんな無茶な。
こんなことをされて、し、仕事になんかならないわ!

夏美は調整室の相川を睨みつけた。
当の相川は、右手を股関に持ってゆき、
せわしなく動かしていた。
おまけに、機材の上にティッシュのボックスまで用意して…

「あ、あん!い、いやん」
八木がクロッチを捲り上げて直に触ってきた。

官能の渦が夏美を飲み込もうとしていた。
なんとか堪えながらシナリオに目を落とした。

「はい、では最初のお葉書の続きを読みたいと思います。
ペンネーム『ああ、いいわ』さんからいただきました。
『先日、僕はおもいっきってマッサージチェアを買いました。』
あ、あああん…そ、そこが…いい…ですね。
夏美も…いやん…マッサージ…好きなんです」
八木が後ろの穴から前の秘穴に指を入れ替えて
ジュポジュポと抜き差しを繰り返していた。

「ああ…いい!!あ、ごめんなさい。い、今、スタッフさんが…
ああん…この部屋にマッサージチェアを用意して…
くれ…ました…では、失礼してチェアに…す、座らせていただきますね」
八木は空いた手で次々と夏美の衣服を剥ぎ取ってゆく。
気付けばショーツ1枚の全裸に近い状態にされていた。

右手が秘所、左手が胸、舌は背中と3点をねちっこく責め立てた。
「マ、マッサージ…わ、私…だい好‥き‥なんですよねえ」
やがて八木はデスクの上に置いてある綿棒を持ち出すと、
1本ずつ菊門に突き刺し始めた。
1本…2本…3本
「あああ!こ、これは…気持ち…いいです…ねえ」
初めての快感が菊門に訪れていた。

menbou-anal098013.jpg

4本…5本…
そして差し込んだ綿棒をグリグリと捻り始めた。
「く、くう~~!こ、これは…すごいです…始めての経験です!!」
はあ、はあ、はあ…と、息が荒くなってゆく。
自分の荒い息がヘッドホンから流れてくる。
は、恥ずかしい…でも、すごく‥気持ちいい~~~!

次に八木はデスクの抽斗から電気マッサージを取り出しスイッチを入れた。
ヴィ~ンというモーター音が流れる。
「あ、ちょっとモーター音がしますけど、我慢してくださいね」
ヘッドホンから聞こえるモーター音に
夏美の秘所が喜び始め、たっぷりの潤いで濡れた。

電マが乳首に触れる…
カチカチになった乳首が振動でプルプルと擦られる。
「はあああん…こ、これ…すごく…いいです」
強く、弱く・・・強く、弱く・・・
強弱のリズムが夏美を壊してゆく・・・

「おおおお!!そこ!そこが…すごく…いいのぉ~~~!!」
乳首でこんなに感じるのならクリトリスを責められたら、
絶叫してしまうかもしれなかった

10_20190718195041b9f.jpg
スポンサーサイト
[PR]


*    *    *

Information

Date:2019/07/18
Trackback:0
Comment:0
Thema:18禁・官能小説
Janre:アダルト

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://hawks5810.blog.fc2.com/tb.php/608-36e9be59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)