FC2ブログ
 

愛ラブYOU

□ さよならDJ □

さよならDJ 4

樹(いつき)の舌が上に下にと何度も往復する。
時に荒々しく動き、時に細部まで味わうかのようにチロチロと
蛇の舌のように夏美の股間を舐めまわした。

「おいしいよ。夏美…
こういうことをしたいと毎晩、毎晩、思っていたんだからね、
何度まだ見ぬ夏美のココを想像してせんずりをしたことか…」

やがて、樹の舌がクリトリスを責め始めた。
舌先を硬く尖らせ、ツンツンと跳ね上げたり、
クリトリスの形を確かめるかのようにグリグリと捏ねるように舐めまわした。

「あ、あ、あ…」
舌で真珠を押し込まれるたび、夏美は可愛い声で喘いだ。
「あん、ダメ…」
もはや、拒むための否定の言葉ではなかった。
官能を呼び起こされ、体の奥から自然と湧き出た甘い喘ぎ声なのだった。

樹が、ズボンとトランクスを脱ぐために体を離した。
ドアに向かい、逃げようと思えば逃げれたにもかかわらず
夏美はソファに座り樹の股関から生えでた隆起したペニスに見とれた。

109-3.gif

『ああ…白川さん、ごめんなさい…
私、ダメになっちゃうかも。』
秘所から湧き出る潤みでソファを汚しながら、
樹に貫かれることを期待しはじめてる夏美だった。

「さあ…夏美…」
樹が、夏美を一度立たせて空いたスペースに自分が深く腰掛けた。
そして夏美の手を取り、太ももの上にお座りと誘った。
足を開き上体を後ろの樹に預けると
樹の腕が夏美の身体にまとわりつき、
左手で胸の膨らみを弄り、
右手は夏美の開いた潤いの谷間に指を浸した。

「はあん…」
樹の怒張が夏美の尻の肉をピタピタとやさしく叩く。

樹の指がクチュクチュと夏美をかき混ぜる…
「ああ…いや…
そんな触り方…いやらしい…」
樹は指を二本沈め、夏美の中で円を描いたりVサインのように開いたりした。
指先が何度も子宮口をツンツンと刺激する…
そのたびに、股関からはピチャ、ピチャ…と女の喜びの音を発した。

「さあ、汚れた夏美の口をきれいにしような。」
愛液をたっぷりと指に絡ませると、
指を引き抜き夏美の口元に近づけた。
「さあ、俺の指をお食べ…
夏美の口の中を自分で出したシロップで満たしてくれないか?」
そう言うと、夏美の口をこじ開けて潤みを纏った指を口に押し込み、
まるで歯ブラシかのように、口の中で遊ばせた。

images_201907132208329f4.jpg

「うぐっ…うっ、うう…」
樹の指示でなく、夏美は自らその指に舌を絡ませた。
「おお…夏美、気持ちいいぞ…
上の口でこんなに気持ちがいいんだから、
下の口はさぞかし絶品なんだろうな」
尻に当たる男根からは我慢汁がいっぱいでてるのだろう、
当たる感触にヌメりを感じた。
さあ、夏美の味で八木の匂いも消えただろうと、
夏美の首を後方へ捻り、その柔らかい唇にむしゃぶりついた。

「おいしい…おいしいよ、夏美」

「あああ…私も…おいしい…」
言ってしまってからハッと気付いた。
私、今、樹を愛しいと感じてしまった…。

『ああ…白川さん、ごめんなさい…
私…私…バカな女です…』

「さあ、夏美。お前の中に…挿入させてくれ…」
尻を一旦浮かされ、ちんぽが夏美の大事な部分に狙いを定める。
くちゅ…
ちんぽの先がおまんこの入り口にキスをした。
「いいぞ。そのまま、腰を落とせ…」

静かに静かに腰を落としてゆく。
じわりじわりと樹の男根が夏美に呑まれて行く…
「あああん…来てる…
入って…来てるよぉ…」
夏美は歓喜の声をあげたのだった。

潤いたっぷりの秘穴に樹のモノがめり込んでゆく。
やがて、先端が子宮口にぶち当たる。
「はう!」身体に電撃が突き抜けた…
樹のモノはまだ埋没途中だった。
『な、長い‥‥』
さらに腰を落とす。
樹のモノが子宮をどんどん押し上げてゆく。
注送すれば、子宮をゴンゴンと打ち鳴らし、
何とも言えぬ快感が押し上げてくるに違いなかった。

「夏美、動いていいんだぞ」
樹がやさしく誘う。

その口調には、さきほどまでのギラついた欲望はなく、
女を征服した満足感に満ち溢れていた。
夏美自身も動きたい衝動に駆られたが、
樹の意のままに身をゆだねることは、
わずかに残ったプライドが辛うじて制御してくれた。

「どうしたんだい。動けば気持ちよくなるんだぞ?
ほら、こうして動くんだよ」
樹が腰に手を添え、夏美の身体を上下に揺する。
そして下からドンとコックを突き上げた。

「あ!いやぁ~!!ああん…」
その衝撃が、わずかに残った夏美のプライドを打ち砕いた。

「突いて!
ああ…私を気持ちよくさせて下さい」

突いてほしいだと?お前かが動くんだよ。
ほら、こうやって動いてみな。

腰に添えた手に力が込められ、激しく上下に揺さぶる。

「くう~っ!!」
限界だった。
快感の波に飲み込まれた夏美は、自ら激しく腰を振った。
乳房が痛いほど揺れ動く…
おびただしい淫水が樹の肉竿からふぐりを伝い、
ソファの布地を濃い色に染め上げた。

20140804221916103s.jpg

「はあ、はあ、はあ…」
苦しそうな樹の吐息を夏美の喘ぎ声が追いかける。

「あん!ああん!いやん…」

樹の荒い息づかいと夏美の喘ぎ声のハーモニーが部屋に響き渡る。

「夏美、入れ替わろうぜ」
身体を持ち上げられ、一旦、逞しいモノを引き抜かれた。
引き抜かれたちんぽの根元は淫水が泡立ち、
白いメレンゲ状のものがまとわりついていた。

『ああ…いやらしい…
私、こんなにも感じちゃってるのね…』
そのメレンゲが自ら流した淫水でできてることに
恥じらい以上に歓喜の波となり、淫唇を震わせた。

ソファに横たわると樹が身体を重ねてきた。
お互いの汗ばんだ身体がトロトロに溶け合ってゆく。
そして夏美のおまんこに再び灼熱の肉竿が打ち込まれてゆく。

「あん!いい!す、すごいわ!樹さん!!」
樹の首に腕を回し、足を腰に掛け、がっちりとホールドさせた。
樹が腰を動かす度に、夏美の身体がバウンドした。

「おお!たまんねえ!出すぞ!夏美の中に!!」

「ああ~!だめぇ~!!それだけは、それだけは堪忍してぇ~!!」

夏美の哀願は樹に届いているのだろうか?
激しい注送がくりかえされる。
射精を堪えているのだろう、樹の顔が、苦しそうな歪んでいた。

「ああ!だ、だめだ!」
樹は素早くペニスを引き抜きくと夏美の顔にまたがり、
湯気がでそうな熱気の肉竿を夏美の口に押し込んだ。

「下の口に出すのがダメなら、せめて上の口で俺を受け止めてくれ!!」
そう言って夏美の顔の上に腰を落としてきた。
喉の奥までズボッと咥えさせると頭を鷲掴みにして、
ブルブルと小刻みに振動させてペニスの感度を上昇させた。

「あ!あ!ああ~!!夏美~!!」
樹が夏美の名を叫びながら熱い迸りを直に食道に流し込んだ。

004279-000.gif

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


*    *    *

Information

Date:2019/07/15
Trackback:0
Comment:0
Thema:18禁・官能小説
Janre:アダルト

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://hawks5810.blog.fc2.com/tb.php/607-7fe19f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)