FC2ブログ
 

愛ラブYOU

□ 愛の隠れ家 □

愛の隠れ家 11

あの処女を散らしてから男を迎え入れたことがなかった。

使用済みのシーツに埋もれながら
『ああ‥再び男に抱いてもらえる‥‥』という喜びで身体が震えた。

「なんだ?震えているのか?」
男は光子の股間に顔を近づけながら問いかけた。
「大丈夫、悪いようにはしないさ」男は行動とは裏腹に優しく囁いた。
充分すぎるほど濡れている亀裂に口づけし、甘い淫汁をすすった。
小便臭くなく、それは男を知ってる亀裂からの湧き水だった。
だが、使い込んではいない。
陰唇は生まれたてのようにピンク色に輝き、ワレメの上の翳りは薄く、
まるでそこだけを見ていると中 学 生かと思えるのだった。

00_201809142102517a4.jpg 

しかし、淫核だけは異様に発達していた。
中 学 生も抱いたことがあったが、
中 学 生のソレは米粒のように可愛いものだった。
それに比べ、光子の陰核は綺麗ではあったが大豆ほどのプックラと
膨れた艶かしい陰核だった。

ちゅっ・・・・
男は蛸の吸盤のようにその膨れた肉芽に吸い付いた
「ひゃあああああ・・・・」
光子は今までに感じたことのない官能の襲撃に
あられもない声をあげた。

「だ、大丈夫か?」
男は思わず驚いて顔を股間から覗かせて尋ねた。

「いいの・・・すごくいいの!!」
クンニリングスというものがこんなにも気持ちいいなんて・・・
処女を捧げた男は光子の秘貝に口をつけることなく
電撃棒を突っ込んできた。
それゆえ先ほどの秘貝への口づけが光子にとっては
初めてのクンニだったのだ。

「もっと・・・もっと舐めてください・・・」
光子は腰を浮かせて男の口を求めてクネクネとくねらせた。
亀裂からは喜びの汁がトロトロっと溢れた。

「いい匂いだ」
クンクンと鼻を鳴らしながら鼻腔に光子の匂いを充満させた。
「いやん・・・焦らさないで・・・」
光子は腕を伸ばして男の後頭部に手を添えると
自分の股間に導いた。

「ああ、わかっているよ」
男自身も我慢できずに早く舐め回したいと思っていた。
下先を、そのヌルリと濡れ光っている小陰唇に触れさせた。

「ひゃああああああああああ」
またもや叫び声をあげる光子・・・
男は二度目の絶叫には驚かなかった。
下先から徐々に秘貝への接点の比率をあげていった。
舌がベッットリと濡れている亀裂に覆いかぶさった。

そしてそのままズリュっと
舌で亀裂に溢れている透明な雫をすくいあげた。
「あああ・・・いや・・・恥かしい・・・」
光子は自分の痴態が恥ずかしくてたまらなかった。
両手で顔を覆い隠してイヤイヤをするように顔を左右に振った。

llof9_mnjf5_sn.gif 

男は右手を亀裂に添えて二本の指で亀裂の扉を開いた。
芳しい香りが男の鼻腔をさらにくすぐった。
やや黒ずんだ桃色の小陰唇が左右に開かれてゆく。
その扉の中からは、さらに鮮やかな桃色の前室が姿を現してきた。

そしてその扉の重なり合う頂点に膨れた大豆・・・
男はソフトクリームを味わうかのように
丁寧に何度も何度もペロペロと音を立ててしゃぶった。

『感度のいい女だ‥‥』
フロントで一目見た瞬間から
この女を抱きたいと思っていた。
一般的に唇は秘貝を現すという。
女の形のよい唇は秘貝の形のよさに直結すると想像していた。

今こうして実際に秘貝をしゃぶりながらじっくりと観察してみると、
俗説もまんざら捨てたものじゃないなと思った。

女はペロリと舐めあげる度に身体をくねらせて男の愛撫から逃れようとした。
決して嫌がっているわけではなかった。
嫌がるどころか、あまりの快感に男の愛撫をすべて受け止めると
狂ってしまいそうになると未知の世界であるにも関わらず
身体が予知して自然と愛撫から逃れようとしていたのだった。

少しずつ身体がずり上がり、男との間合いが広くなった。
男は光子をたっぷり味わいたいとばかりに、
女の腰を抱き、ぐいと引き寄せた。
「あん‥‥」小さな悲鳴をあげたものの、
それは拒絶を意味する悲鳴ではなかった。

「君‥‥きみのココ、すごく美味しいんだ‥‥
もっと味わせておくれよ」
そう言ってやると恥ずかしげにコクリとうなづくと、
さらに濃い愛液をあふれさせはじめた。

気づけば、肉芽が痛々しいほど膨れ上がっていた。
男は舌先を硬く尖らしてグリングリンと肉芽を舐った。

「す、すごい‥こんなにもクンニって気持ちがいいものだったのね」
その一言でこれがクンニ初体験なのかと男は理解した。
『それじゃ、俺のクンニが忘れられない体にしてやるぜ』
男は蛇が舌をチロチロとさせる動きを真似て肉芽をツンツンと弾いた。

「だめ!‥それ、すごすぎる!」
光子の体が激しくバウンドした。

男は手を伸ばして光子の胸をまさぐった。
手のひらで乳首を押しつぶすようにグニグニと転がした。
「あ!あ!あ!・・・・」
短い喘ぎ声が光子の可愛い口から漏れた。

「もっと喘いでもいいんだよ」
そう促すと、堰を切ったように「ああああ・・・だめぇ~・・」と
可愛く叫んだ。

男は素早く光子に跨り、体を反転させた。
今、光子の鼻先に男の猛猛しいモノが迫った。
「さあ・・・・頼むよ・・・・」男はフェラチオを光子にせがんだ。

今、目の前に男のおちんぽがあった。
いつもエロサイトで眺め、いつかはしゃぶりたいと思っていた。
おずおずと手を伸ばして待ち望んだソレに指を回した。

ドクン、ドクン・・・と血流の感覚が指先に伝わる
オモチャなどでは感じることのできない生命の生殖器・・・・
先端の亀裂からは透明の液体が滲みでていた。
『ああ・・・ここから白濁の液が・・・・』
女を孕ますことのできる不思議なカルピス。
それは妊娠という厳かに生命を与えるのと同時に、
女の膣に注ぎ込むことで
無常の喜びをも与えることのできる不思議な雫・・・・

「舐めてもいいんですか?」
光子は男に許しを請うた。
『いいに決まってるだろ』男は答える代わりに腰を押し出して
光子の唇に亀頭のキスの嵐を降らせた。

ツンツン・・・となんども亀頭が唇をノックする。
「あ!あああん・・・」喘ぎ声が漏れた唇の隙間からスルリと
ペニスが口中に忍び込んだ。

「むぐ!・・うぐぐぐ・・・」
バナナをおもいっきり頬張った気分・・・
だが唇で挟み込んだ触感はフランクフルトにかぶりついたそれに似ていた。

『腰を・・・腰を振ってほしい』
エレベーターの中で愛子がされていたように自分の口を性器に見立てて
激しく犯して欲しい・・・
「初めてなんだろ?」
男の甘い声が耳に忍び込む。
最初から激しいのは控えたほうがいいんだよ。
そう言って男はゆっくりと腰をスライドし始めた。
アイスキャンディーを舐めるようにしてごらん
その指示どおりにアイスキャンディーを舐める時を想像して
口を動かした。
「ほら、溶けて雫が垂れるよ。すすってあげないと。」
あああ・・・・ほんとだ・・・溶けてきちゃう
ジュル・・・ジュルルル・・・
溶けてきているアイスをしゃぶるようにジュパジュパとすすった。
己のたっぷりの唾液に混じって、男の味が口いっぱいにひろがった。

peropero_005.gif 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


*    *    *

Information

Date:2018/09/18
Trackback:0
Comment:0
Thema:18禁・官能小説
Janre:アダルト

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://hawks5810.blog.fc2.com/tb.php/467-c5aa0872
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)