FC2ブログ
 

愛ラブYOU

□ ピンクの扉 □

ピンクの扉 7(あすか原案)

「あなたのココ・・・すごく具合がいいわ。
私の指を締め上げて・・・・これなら男性はイチコロね」

中指と薬指で膣内を掻き混ぜながら、親指で淫核をくすぐり始める。

あっ、あうぅぅぅぅ・・・
体中に震えが走る。
もう、愛されているのが男であろうと女であろうと関係なかった。

桃子は、無我夢中で彼女のクレバスを激しく舐め続けた。
舌先をすぼめて、彼女の奥深くまで舌を差し込んだ。
彼女の愛液が桃子の口元をいやらしく濡らしてゆく。

「おおお~~~~っ!すごいわ!あなた最高よ!!」
彼女はたまらずに、桃子の顔の上で腰を上下に振り続ける。

彼女の尻の肉が桃子の頬を、ペタンペタンと打ち鳴らす。

もっと、もっと気持ちよくさせて・・・・
さっき見せられた、ぶっといバイブで桃子を責めてぇ~~!!

「うふふ・・・・わかっているわ。これが欲しいんでしょ?」
彼女がさきほどの双頭のバイブを手に取る。

「さあ、感触を確かめてみて・・・」

桃子の手にバイブを触らせる。
相変わらずの冷たい触感・・・・
無機質で愛情のひとかけらもない肉棒。

「冷たいでしょ・・・・こんなの突っ込まれたくないでしょ?
だからこうするの」

そう言って彼女は双頭の片側を、愛しそうにしゃぶり始めた。

「さあ、あなたも・・・」
桃子も促され、もう一方の頭にしゃぶりついた。

男性自身を愛するかのように、それを口に咥える。
自然に、お互い見つめ合う形となる。
それはまるで一人の男を同時にしゃぶりついているかのようだ。

flvcap.jpg 

「ぷぉ~・・・さあ、もういいんじゃないかしら」
彼女が肉棒から口を外す。
彼女の口からは、粘つく唾液が糸を引きエロチックだった。

「いい?入れるわよ」
桃子のおまんこに人口ペニスが挿入される。

はあ~・・・・た、たまらないわ・・・・

「ふふふ・・・気持ちいいでしょ?じゃあ、私も挿入(い)れるわね」
彼女は慣れた手つきで自分自身に挿入する。
彼女と桃子の下半身がぶつかり合う。

2人の熟女の股間に埋もれたバイブが締め付けられ
苦しそうなモーター音を漏らす。

モーター音をかき消すかのように、ペチャペチャという卑猥な音が響きあう。

「ああん・・・」

「おおぉ・・・」

熟女2人の喘ぎ声が寝室にこだまし、お互いの淫靡な心の炎を燃え上がらせた。

棒状の双頭バイブの為、互いの体を重ねる体位にすることができず、
2人は相手の足を抱かえた。

soutouvib-1026018.jpg 

体を重ね、互いの温もりを感じあうことは出来なかったが、
その代わり抱いた相手の足を愛おしく愛撫した。

彼女の足の指が、まるで手の指のように乳首を摘み、捏ねくりまわす。

彼女が桃子の足の親指をしゃぶる・・・
指と指の谷間にも舌を這わす。

あああ・・・こんなこと・・・主人もしてくれないわ

あ!!!そこ!!あん・・・気持ちいい・・・
彼女は足の指を1本1本ずつ丁寧にねぶってくれる。

ねぶりながらも、腰の動きはリズミカルに桃子を責め続ける。



やがて、彼女の足が硬直し始めた。絶頂が近いのだと桃子は感じ取った。
そう感じた途端、桃子にも絶頂の波が訪れようとしていた。

熱いしぶきが股間を流れる。
ああ・・・・また潮を吹いたんだわ・・・

甘い時間が流れてゆく・・
男と違って、終わりのない快感が波のように次から次へと押し寄せてくる・・・

soutouderutorezu-2278_002.jpg 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「あなた、すごくよかったわ。息子が誘惑に負けたのも肯けるわ」

ええっ?ち、ちがうんです。

「ううんいいの、息子が誰と関係を持とうとも・・・
でも、息子同様、私とも仲良くしていただきたいわ・・・・」

は、はい・・・こんな私でよければ。

「うふっ・・・嬉しいわ」

桃子の唇にやさしくキスをする。

お互いの胸を揉み合いながら、
情事に火照った体を少しずつ冷やしてゆく。

大きな胸・・・うらやましいわ。

手のひらで乳首を転がしながら、
もう一方の手で彼女の体を撫でる。

さきほどは、じっくりと確かめることのできなかった彼女の体を堪能する。

「あんっ!!だ、だめよ・・・」

どうやら彼女は背中が性感帯のようだ。

「そこを責められるとまた・・・・・したくなっちゃう」

彼女の目が怪しく光った。

気がついたときには、彼女は桃子の体の上にいた。

「今度は、おもちゃなしで愛し合いましょ。お互いの口と指でね・・・」

そして2人は再び禁断の愛欲に溺れていった。

rezu028001.jpg 

。。。。。。。。。。。。。。。。。


主人と離れて暮らし始めて3ヶ月。
もう限界だった。

何人もの方が私のピンクの扉をノックしては
訪問して快楽を与えてくれたけど、やっぱり私の花園はダーリンのもの・・・・

私の膣という名のリビングは、主人がくつろぐ場所。
他の誰が訪れてもリラックスしてはいけない。


やっぱりダーリンがいい。
ダーリンに抱かれたい、愛されたい。

通販で買い求めたディルドを床に張り付け、
ローションを塗りたくり適度な滑り感を与える。
その形を見つめ、主人がベッドに横たわり仁王立ちしているチンポを想像する。

物言わぬディルドに向かい
「あなた・・・・お帰りなさい・・・・
今夜も桃子はパンツを脱いであなたを迎え入れたくて濡れそぼってたのよ・・・」
そう言うと愛しそうにディルドに頬ずりをした。

「あなた・・・入れたいの?・・・あなたのチンポがピクピクしてるわ」
やさしく指で掴むとディルドしごきだした。

「うふふ・・・たまらないでしょ?・・・
ん?我慢できないって?・・・・いいわよ・・・やさしく入れてね」
桃子は股を開き、上から深々と埋めた・・・・

ディルドは壁に固定されてジッとしている
だから桃子が自分の気持ちのいいように腰を振る・・・・

深く・・・浅く・・・ときに円を描くようにピーチのような尻を上下に振り続けた。

あ・・ああ・・・・もっと・・・もっと深く・・・突いて・・・

ダメ・・・・!こんな作り物じゃ物足りないわ・・・・
あなた・・・やっぱり、あなたが欲しい・・・

jyoshi_in_o_gif_0.gif 


そして桃子は、我慢できずに札幌行きの航空券を手配した。



搭乗手続きをすませ、機内のシートに座ったときには
もう体が疼きまくっていた。

滑走路を走る振動が心地よい・・・
気付けば私の手は股間に導かれていた。

羽織っていたストールを膝掛けがわりにして、
隣の人に気付かれないように手をスカートの中に潜り込ませた。

淫靡な湿り気が、小さなショーツを通して指先に伝わってくる。

ああ・・・あなた・・・・もうすぐ、もうすぐ会えるのね。

指先を強く股間に押し当てる。

ああ・・・・
淫靡な声が微かに漏れる。

「大丈夫ですか?」
微かに洩れた声に気付いた男性が、隣の席から声をかける。

ええ、大丈夫です。とても気持ちいいんですもの・・・

はあ~っ??
男性は、怪訝そうな顔をして大丈夫ならいいんですが。
と言ったきりイヤホンを耳にあて、音楽を聴き始めた。
まるで係わり合いにならないほうがいいとばかりに桃子に背を向けた

うふふ・・・いっぱい濡れちゃったわ。
きっとショーツの股間に派手なシミを作っているはず。

ダーリンきっと泣いて喜ぶわ。
ダーリンの舌でキレイキレイにしてもらわなくっちゃ。

桃子のピンクの扉・・・ノックできるのはダーリンだけ。
扉を開いて招き入れるのもダーリンだけ。

もうすぐよ。もうすぐあなたに会えるわ。
汚れちゃった桃子をきれいにしてね・・・ダーリン♪

yagai104024.jpg 




ご愛読ありがとうございました

ピンクの扉、これにて一旦終了です

貴女の股間の扉はピンク色でしょうか?
桃子さん、男性経験を増やしてそのうちにドドメ色の扉としてまた皆さまにお会いできることがあれば幸いです
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



BACK目次|NEXT
*    *    *

Information

Date:2018/08/20
Trackback:0
Comment:0
Thema:18禁・官能小説
Janre:アダルト

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://hawks5810.blog.fc2.com/tb.php/452-41f579d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)