FC2ブログ
 

愛ラブYOU

□ ピンクの扉 □

ピンクの扉 1(あすか原案)

「ほら、桃子。なかなかいい物件だろ?」
夫の智一が物件を見上げ、喜々とした声をあげた。


「どうでしょう・・・ちょっと古くさい家ねえ」

「そんなことはないさ、築二十年。まだまだ現役さ。
ちょいと手を加えれば、おしゃれな家になるさ」


そんなものかしら。
首都圏から少し離れているけど、
この広さで3,200万円…割高なんじゃないのかしら。

私的には2LDKぐらいのマンションがいいんだけど…
夫は、どうしても一戸建てにこだわっている。

「私はどっちでもいいよ。
どうせ嫁にいっちゃえば、家とはバイバイするんだしぃ」
娘の由佳は冷めた口調で答えた。

「ほんとに、ここに決めるの?」

「ああ、決める。夢に見たマイホームだ。
これで俺も一家の主だ」
もうこうなったら絶対に買っちゃうんでしょうねえ。

それならそれで…
「ねえ、リフォームのおねだりしていい?」

「おっ!お前もようやく気に入ってくれたか」

「私がイヤといっても買うんでしょ?」

「はははっ。住めば都。きっと住みやすい家になるさ」

「じゃあ、扉はピンクにして!」
ピンクの扉・・・私の夢。これだけは譲れない。

「ピンクぅ~?この家にその色は似合わないよ」

「じゃあ、買っちゃダメ!」

ええ!?まいったなぁ・・・
主人が弱りきった顔をした。

「ご主人!ピンクの扉にするんなら、
外壁を塗り替えさえすれば、いい家になりますよ」
家族会議を一歩退いてうかがっていた不動産屋が口をはさむ。

「でも予算がなあ・・・」
なんとかしてよ的な眼差しを不動産屋に投げかける。

「わかりましたよ。コミコミで3,200万!これでどうです?」

「よし!買った!!」

いいの?高い買い物よ。そんなに簡単に決めちゃって!

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



リフォームも終わり、扉は私の願いどおりピンクに塗り替えた。


引越しも終わり、
荷物を片付けながら、主人が私の腰に手を廻してきた。

「もう!邪魔しないでよ。
いつまでたってもダンボールが片付かないわ」

「なあ、久しぶりにどうだ?
由佳も遊びに行っていないことだし…」

引越しの片付けでクタクタなのに勃つの?
あらっ?腰にあたる主人のモノ…立派に勃起してる…
環境が変われば、アッチの方も元気になるのね。

「いいだろ?なっ?」

ダメと言いかけた私の唇を、主人の唇が塞ぐ。
「うぐっ…」

おもむろに主人の舌が私の口中に侵入してくる。
拒めない・・・・久しぶりだもの。嬉しい・・・。

「欲しいんだろ?」
バカ!わかっているくせに。

ピンクのトレーナーの裾から主人の手が入ってくる。
脇腹をなぞるように上に這い上がってくる。

好きよ、この愛撫・・・体の芯がジンと痺れる。

主人がジャージとトランクスを同時に膝までずらした途端、
ピョーンとイチモツが弾ける。

bnak_skng_sn.gif 

すごい・・・こんなのほんとに久しぶり・・・
いきり立ったモノを目にした瞬間、
ゴクリと唾を飲みこみ喉を鳴らしてしまいました。
飲みこんだ唾の水分が、お股に下りたかのように私のアソコがジュンと湿った。

「なあ・・・頼むよ・・・」
主人が私の頭に手を置いて、私を股間に導く。

うふふ、咥えて欲しいのね。
わかっているけど、わざと陰毛に舌を這わせ焦らしてみる。

「おいおい、違うよ。
なあ、わかっているんだろ?頼むよ」

可愛いい!イチモツをプルプル震わせ、
だらしなくガマン汁を鈴口から滴らせている。

ペニスに手を添え、
フルートを吹くかのように横からやさしく口づける。
そして、クンクンと久しぶりの匂いを嗅いでみる。

ツンと鼻をつくイカの匂い…
ああ、たまらない。
下から主人の顔を見上げると、
恍惚の表情を浮かべ微かに微笑んでいる。
舌を亀頭に這わせながら、
肉厚の唇を開きペニスを喉奥まで咥えこむ。

「ああ…たまらない。
桃子の喉の肉壁に敏感な先っぽが当たって…
おおっ!逝きそうだ」
えっ?それは困る。せっかくギンギンなのにぃ!

チンポの根元を指で締め付け、口から吐き出した。

早く!早く挿れたい!!
我慢のできなくなった私は、
主人を押し倒し、そのまま馬乗りした。

スカートを捲り上げ、
ショーツのお股の部分をずらし、
すかさず熱い肉棒を私の女の部分に埋め込んだ。
愛撫などないけれど、
私のその部分はもぎたての桃のようにジュースが滴っていた。

主人のペニスは、なんの抵抗もなくヌルリと収まった。
「ちょ、ちょっと。パンツぐらい脱げよ。
す、少しきついよ」
ショーツのお股のゴムの部分が主人のイチモツを締め付けているようだ。
娘を出産して少し緩くなったんだもの、
これぐらいがちょうどいいんじゃなくて?

はしたなくも私は騎上位で、
ズコズコと腰を上下にグラインドさせた。
あん!あん!
久しぶりに甘い声を出し、喘ぎまくった。

Cowgirl-tits-Pussy-Manko-Sex-penis-Japanese-Buttocks-Anal-GIF-Erotic-image15.gif 

「おおっ!いいぞ桃子!こりゃたまらん!
でもやられてばかりという訳にはいかないな」
そう言って下から私の動きに合わせて腰を突き上げてきた。
トン!!トン!!・・・
主人の亀頭が
子宮の子種の受け口に心地よくノックする・・・

やん・・・ああぁぁ・・・
逝きそう・・・・
さほど時間もかけてないというのに、
私はすぐに頂点に登りそうになっていた。

来て!今よ!今すぐ来て!!
私の女の部分が歓喜で蠢く。
その締め付けに呼応したかのように、主人もまた大量の精を吐出させた。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


新居に入居したのをきっかけに、ベッドを新調しちゃいました。
それも思いきってキングサイズのベッドを…

四十代半ばでキングサイズなんてと主人は渋っていたけど、
娘の由佳の高校受験に付き合って、
約1年間も愛を確かめ合う行為を我慢してきたんですもん。
これからは、その分を取り返すためにバンバンやっちゃうの。

「ママとパパ、ほんとにラブラブだね。
でも中間試験や期末試験のときは、あまりギシギシ音を立てないでね」

もう!由佳ったら。ほんとにおませな子。
でも高校1年生だもんね、ひょっとしたらもう経験済みかも。
由佳こそママたちが留守のときにボーイフレンドの佐藤くんとニャンニャンしちゃダメよ。
もう経験済みかどうかカマをかけてみる。

「ニャンニャン?なにそれ?Hってこと?
しないよぉ。ママたちのベッドでなんて。
ちゃんとラブホでHするから安心して♪」

やっぱり経験済みかぁ。
早熟なのはやっぱり私の娘ね。
避妊だけはきっちりやらなきゃダメよ。


その夜、主人がいつもより早めに帰ってきました。
晩酌も少し抑え、早々にベッドに潜り込んだ。

「やっぱり大きなベッドはいいなあ」
主人がベッドで大の字に手足を伸ばす。
私は気持ちを抑えることが出来ず、
主人の胸に顔をうずめた。

主人の右手が私の小ぶりの乳房を揉む。
パジャマの上からでなくて、直に揉んでよぉ。
以心伝心というやつだろうか、
私の思いを察したかのように
主人は右手一本で器用にボタンを外し始めた。

rei-mizuna_0.jpg 


またまた友人の「あすかさん」の力を借りての執筆です

この猛暑で私自身アイデアが浮かんできません
最近はあすかさんにおんぶに抱っこです

スポンサーサイト
[PR]

[PR]



BACK|目次NEXT
*    *    *

Information

Date:2018/07/28
Trackback:0
Comment:0
Thema:18禁・官能小説
Janre:アダルト

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://hawks5810.blog.fc2.com/tb.php/443-93661f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)