FC2ブログ
 

愛ラブYOU

□ ハードコア 夫人は貢ぎもの □

ハードコア 夫人は貢ぎもの 11

「そう怯えるな…」

香奈惠は会長の真の姿を知ってるだけに体を小さくして震えた。

「なにも取って食おうというわけではない」

だが、と一言のあと「儂には歯向かうな!!」と

70過ぎの老人とは思えぬほどの力で香奈惠の腹を蹴り上げた。

「ぐぅぅぅぅ!!」

腹を押さえながらうめくような声で「すいませんでした」と非をわびた。


「場末のキャバクラからお前を引き抜き、

儂の傍に置いて贅沢させてもらっていることを忘れるな」

会長の言葉に香奈惠は何度も何度も肯いた。


「まあ、わかればいいんじゃ」

会長はテーブルのコップを手繰り寄せて黒木にワインを注げと命じた。

「何年物にしましょうか?」

ワインセラーを品定めしながら黒木が問うと「何年でも構わん、この女に飲ませてやるんじゃから…しっかりとビタミン剤も混ぜてやれ」と命じた。

「例の…ですか?」

命じられた黒木はアタッシュケースから小瓶を取り出し、

その液体もワインと一緒にコップに注いだ。

「何それ?変な薬なんだろ?あたいを殺(や)るつもりなのかい?」

厚化粧の上からでも香奈惠の表情が真っ青になったのがわかった。

「心配すんな、ただのビタミン剤だ。ほら、飲みな」

嫌がる香奈惠の口を無理やり開かせて薬の混入したワインを喉に流し込んだ。

すかさず香奈惠は口の奥に指を入れて飲まされたものを吐いた。

「その薬は即効性じゃ…胃洗浄でもせんかぎり微量でも体内に取り込まれる」

そら、効いてきただろう?そう問う黒木の声が遠くに聞こえ始める。

視野もかなり狭くなり呼吸も荒くなる。

「これ…ビタヒンらんかじゃ…ないろう?」

ビタミンなんかではないだろうと言いたいのに呂律がうまく回らない。

「ほんに即効性でおまんなあ」ドリルマシンの整備をしながら大岩も驚いた。


「さあ香奈惠、儂の相手をしておくれ」

会長が肩を抱いただけなのに香奈惠の体はゾクゾクと感じて跳ねた。

「とっておきの媚薬じゃからよく効くじゃろ?お前で試した後は残りの女二人にも使わせてみる」

感じすぎ暴れまわって会長に怪我させてはいけないと、

香奈惠は黒木の手によってソファに拘束された。

無題2


「香奈惠…お前は本当に可愛い女じゃのぉ…」

会長の指が無防備になった香奈惠の腋を滑る。

「あ!!いやん!!」

ただでさえ感じやすい腋を触られたものだから

それだけで逝ってしまいそうになるくらいに感じて香奈惠のアソコからは愛液が滴り落ちた。

「腋でそんなに感じるのなら、おっぱいを責められたらどうなるのか楽しみじゃのぉ」

会長の指先が乳首に狙いを定めて近づく。

「はあ…ハア…ダメ…はあ…ハア…死んじゃう…」

「ほれ、これはどうじゃ」

指先で乳首を乳房に押し込まれる。

「ヒィィ…堪忍してェ…」

感じすぎてまるで電撃を食らったような衝撃が香奈惠を襲う。

「すごいですね会長…女の乳首って感じまくるとここまで勃起するものなんですね」

香奈惠の乳首は痛いほど勃起して男の手の親指ほどまでに膨れ上がっていた。

「ほれほれ…手はどんどん下に向かって責めてゆくぞい」

両わき腹を愛撫しながら綺麗に整えられた草むらを目指し始める。

「ヒッ…ヒッ…アァ…うううッ…」

いつしか香奈惠は感じすぎて泣き始めていた。

腋からわき腹にかけて愛撫されただけだというのに、もう何度もアクメを迎えていた。

「今度はどこを触って欲しいんじゃ?ここか?

このおま○この端っこでプックリと膨れているお豆か?」

触ってほしいけど怖かった…

微妙な性感帯でさえアクメを感じるのだから、

これでクリトリスを弄られたらほんとに死んでしまうかもと感じた。

無題4


「焦らすのは可愛そうじゃのぉ…ひと思いに捏ねてやるか」

そう言うと会長の指先は膨れ上がって包皮から飛び出ているクリトリスを突いた。

「うわぁぁぁ…ッ!!死ぬ!死んじゃう!!」

生きたエビを鍋に入れ、そこに酒を注ぎこまれたように

香奈惠の体はエビ反りを繰り返してバウンドさせた。

おまけに愛液が潮のように流れ出しソファにシミを作り始めていた。

「おお…いやらしいアワビじゃのぉ…こんなに涎を垂らしおって」

会長は滴を指で掬うと旨そうに舐めた。

「会長…俺は何度もこいつを抱いてますが、こんなにおま○こが伸縮するのを初めて見ました」

香奈惠のおま○こはまるで思考能力がある軟体動物のように

自由自在に開いたり閉じたりを繰り返した。

黒木はそんな香奈惠の痴態を見て、今すぐぶち込みたくて仕方なかった。

ペニスは血管が切れて血潮が噴き出しそうなほど脈打っていた。

大岩も我慢できないとばかりに

香奈惠の裸体をオカズにすでにマスターベーションを初めていた。


「欲しいか?儂のちんぽが欲しいのか?」

問いかけに誰のちんぽでもいいから早く味わいたかった。

ほれ、拘束を解いてやる。儂を気持ちよくさせろと香奈惠は解き放たれた。

自由になった香奈惠は一目散に会長の股間に吸い付いた。

無題5










スポンサーサイト
[PR]

[PR]


*    *    *

Information

Date:2017/12/08
Trackback:0
Comment:4
Thema:18禁・官能小説
Janre:アダルト

Comment

* 儂のちんぽがほしいのか

この台詞名言です
すっかり忘れていました
また使おうっと
2017/12/08 【グレース】 URL #NbDLPsmo [編集] 

*

媚薬ってよく聞きますけど 本当にこうなるのかしら…だとしたら試してみたいですね(笑)私も香奈惠さんみたいになってみたいなぁ…と思いながら ドキドキしてます
2017/12/11 【かおる】 URL #- 

* Re: グレースさん、コメントありがとうございます

私の場合
あんたのちんぽよりディルドのほうがよっぽどいいからと言われそうで怖い(笑)
2017/12/14 【ほーくん】 URL #- 

* Re: かおるさん、コメントありがとうございます

その昔、私が10代のころ、ホテルの自販機に「媚薬」が売ってました(笑)
使ってみると当時の彼女はアソコが熱くなるぅ~と言ってました
媚薬というよりは植物油に少しメントールを混ぜただけのような…
ちなみにちんぽにキンカンを塗っておま〇こしたら
お互いにアソコがめちゃくちゃ熱くて悶絶した記憶があります(笑)
2017/12/14 【ほーくん】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://hawks5810.blog.fc2.com/tb.php/382-cab067cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)