FC2ブログ
 

愛ラブYOU

□ 短編集 □

聖夜を性夜に・・・ 後編

女が一心不乱に頭を上下に振っていた。
ジュボジュポ、ジュルジュルと言う音が従業員の女の耳に侵入してきた。

ベッドの女がふいに顔をあげた。
上目づかいのとろんとした目が従業員の女を見つめた。
『ほら見て‥‥私たち、こんなに淫乱なの』
女の目がそう語っていた。
たちまち従業員の女の乳首と淫核が最高潮まで勃起した。
泉は溢れかえり、下着に淫らなシミを作った。
11_201612241119024f2.jpg

『はっ!いけない!見とれていたら失礼だわ!』
従業員の女は我に返ると
「すいません、お湯の方を確認させていただきますね」と言ってバスルームに飛び込んだ。


「見たかい?彼女の狼狽している姿・・・」

「ええ、彼女はかなりの好きモノね。私のフェラを目を皿のようにしてみてたわ。
ねえ、彼女が出てきたら思いっきり結合部を見せてあげましょうよ」
そういうと女は背面騎乗位で男のモノを秘壺に沈めはじめた。


バスルームの中で従業員の女は心臓がドキドキしていた・・・
『あの男性のモノ・・・すごく立派だったわ
女の人も美味しそうにしゃぶっていた・・・』
うっかりすると手を股間に忍ばせたくなる。

ダメダメ!お仕事中なんだから・・・
従業員の女は深呼吸をして気持ちを落ち着かせると
バスルームの蛇口を捻った。

おかしい・・・
お湯がちゃんとでるわ
もしかしたらお湯の調節コックを回し間違えたのかもしれない。

お客様に説明して早く部屋を出て行かなくっちゃ・・・

バスルームから出ると、なんとカップルが挿入して腰を振っていた。
従業員の女の姿を確認すると男の上に乗っていた女がグッと背を反らした。
1cari303112.jpg

『きゃ!丸見えだわ』
男女の結合部が目に飛び込んできた。
血管の浮き出たペニスがべちょべちょのおま○こに出入りしていた。
すごく濡れる女なのだろう、男女の擦れ合うところが白濁に泡立っていた。

「気持ちいい!気持ちいいぞ!」
男が下から腕を伸ばしてブルンと震える乳房を鷲掴みした。

「すごい!あなた、すごいわ!!」
女の腰は上下左右に振られ、ときに円を描くようにグリグリと妖しく動いた。

激しい動きでペニスがツルリと抜けた。
その後にポッカリと空いた空洞からおびただしい量の淫水がシャ~と噴き上がった。

従業員の女は急いで退室ししなければいけないのに、足が動かない。
男はゴムを付けていない‥‥最後はどうするんだろう。
膣内に注ぎ込むのかしら、それとも膣外射精で彼女の体にぶっかけるのだろうか‥‥
見たい!フィニッシュまで見届けたい。

「四つん這いになれよ、おもいっきり腰を振ってやるよ」
男がベッドの女に命令した。
だが、従業員の女にはまるで自分への命令に感じた。
できることなら女の横に並んで四つん這いになり、
尻を高々とせり上げて卑猥な淫道を男にさらけ出したかった。

「おら!逝けよ!!」
ベッドが耐えられないとばかりにギシギシと悲鳴をあげている。
その音にハーモニーするかのように
男女の結合部から泥沼をかき混ぜるかのようなジュボジュボという音を奏でていた。

ベッドの女は突きまぐられながら激しく潮を噴いていた。
その勢いは男根を伝い、男の陰毛を激しく濡らし、
ふぐりから滴り落ちてベッドのシーツに淫らなシミとなって広がっていった。

「ああああ~~!!」
女が激しく逝った。
身体の奥底から真に逝くときは『逝く』という単語などでないものだった。
女は体をピクピクと痙攣させながら目が逝ってしまっていた。
痙攣が収まってからもピクリとも動かない。
失神してしまっていたのだった。
ダウンロード (6)

男はそろりそろりと男根を抜いた。
その見事なペニスは淫水に濡れそぼりテカテカと光っていた。

男は立ち上がると従業員の女に近づきはじめた。
ペニスを右手でしごきながら『さあ、奥さん、次はあんただぜ』と言わんばかりにニヤリと笑った。

猛々しい男根を見せつけられて従業員の女のワレメからジュクジュクと愛液が溢れた。
おそらく脚を開けばベージュのショーツの股間だけ、濃い色に染め上げているに違いない。

『だめ‥‥お仕事中よ‥‥』
辛うじて残っていた理性が従業員の女の体を抑制させた。

「あ、ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。お湯は出ますので‥‥」
どうぞ、おくつろぎくださいませ。そう言ってぺこりとお辞儀をして慌ててドアにむかった。

「待てよ!」
男は従業員の女の手を掴むとベッドに押し倒した。
失神している女の横で従業員の女は男に貫かれた。
バツイチで近頃は性交渉のない従業員の女にとって久方ぶりの男根だった。
従業員の女は我を忘れて男にしがみついた。

何年ぶりかのSEX・・・
そういえば今日はクリスマス・・・

このSEXはサンタがくれた最高のプレゼントかもしれなかった。

n4530.jpg



今回は連載を休止してクリスマスということで短編をお届けしました。
いつかはこのお話のスピンオフでも書こうかと構想中です

なお、あわせて昨年のクリスマス短編もお楽しみいただければ幸いです

こちら→ 短編 クリスマス前編

      短編 クリスマス後編

ついでに「クリスマスキャロルの頃には」を歌ってみました
よければこちらも(//∇//)



読者のみなさまの拍手が創作意欲となります
よければぜひ拍手を・・・

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!


BACK目次|NEXT
*    *    *

Information

Date:2016/12/24
Trackback:0
Comment:4
Thema:18禁・官能小説
Janre:アダルト

Comment

* メリークリスマス!

メリークリスマス!

幸せな日々に!乾杯!
どうぞ、ますますのご健筆を!
2016/12/24 【Mrs.PIE】 URL #BW6/sfyE [編集] 

* Re: Mrs.PIEさん、コメントありがとうございます

メリークリスマス!
すてきな聖夜をおすごしくださいね

> 幸せな日々に!乾杯!

はい♪
そしていつもすてきなブログを書いてくれているMrs.PIEさんにも乾杯!
2016/12/24 【ほーくん】 URL #- 

*

あけましておめでとうございます。
本年もエロエロと宜しくお願い致します。
2017/01/01 【エロー・フォー】 URL #- 

* Re: エロー・フォーさん コメントありがとうございます

新年あけましておめでとうございます。

なにかと忙しい毎日で更新もままなりませんが
今後共よろしくお願いいたします
2017/01/04 【ほーくん】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://hawks5810.blog.fc2.com/tb.php/295-49511c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)