FC2ブログ
 

愛ラブYOU

□ 異邦人 □

異邦人 6

たっぷりとメイクラブしたあとベッドで抱き合って眠りに落ちた。
時差ボケで眠れないかもと思ったが
激しいSEXで体が休息を求めたのだろうか、
マシュマロおっぱいに顔を埋めるとあっという間に眠ってしまったようだ。

翌朝、目覚めるとテーブルにブレックファーストが用意されていた。
ボウルに山盛りのサラダと分厚いベーコンにデカいオムレツが
これまたてんこ盛りに添えられていた。
images (16)

テーブルにはそれらの料理と共にメッセージカードが置かれていた。

Last night was a wonderful night.
I am sorry that I have to go to Chicago at work, but I will go ahead.
A room keeper will come at noon.
You ought to be slow in the room until then.
See you, darling.
P・S This time I will go to Japan to see you.
(昨夜はとても素晴らしい一夜だったわ。
私は仕事でシカゴに行かなくてはならないから悪いけどお先に行くね。
お昼にはルームキーパーが来るわ。それまで部屋でゆっくりしてていいわよ。
じゃあねダーリン。
あ、そうそう今度は私があなたに逢いに日本へ行くわ)

行も蛇行せずに文字もきれいで本当に読みやすい置き手紙だった。

お昼にはルームキーパーが来るのか・・・・
時計を確認すると午前11時になろうとしていた。
おっと、いけない
あまりゆっくりしていてルームキーパーさんと鉢合わせしたら空き巣と間違われてしまう。
とにかくせっかく作ってくれた朝食をいただいてこの部屋とおさらばすることにしよう。

食べ終わるのと、インターホンが鳴るのがほとんど同じだった。

『やべえ!!!もう来ちまったよ・・・』
アタフタしていると合鍵を渡されていたのだろう、
ガチャとロックが外されて黒人女性が現れた。
black-woman0419-14.jpg

「It is different.I am not a suspicious person.」
(ち、違うんだ。俺は怪しい者じゃないんだ)
俺は慌てふためいて両手を挙げて
Hold upしながら犯罪者が警官に許しを乞う言葉を口にした。

「Ahaha・・・」(うふふ・・・)
彼女はクスクスと笑いながら冗談はやめてよとばかりに手を振った。

「You are "Yuuto"?My name is Janet」(あなたがユウトね、私はジャネットよ)
よろしくと言いながら彼女は右手を差し出した。
「I heard about you from Jenny」
(あなたのことはジェニーから聞いているわ)
ジャネットと名乗るその女性は、
キュートなウィンクをしながら悪戯っぽく微笑んだ。

「Ah ... Nice to meet I am "Yout"」(あ・・・はじめまして。悠斗です)
握手をしながらホッとした。
鉢合わせすることも考えてあらかじめジェニーが彼女に教えてくれてたようだ。

「I heard it from Jenny
I heard that it was intense last night」
(ジェニーから聞いたわよ
昨夜はずいぶんと激しかったそうね)
ジェニーったらそんなことまで彼女に教えてたのか・・・
恥ずかしくて俺は真っ赤になってしまった。

「I wanted to see what kind of guy it was
You visited a little earlier」
(どんな男なのか見たくて、少し早く訪問したの)
「Certainly it's a nice guy.」
(たしかにいい男だわ)
そう言いながらジャネットは舌なめずりして妖しく微笑んだ。

「You fucked in this bed」
(このベッドで愛し合ったのね・・・)
愛しそうにベッドのシーツを手で撫でながら
「I would definitely like to eat it too」
(私も食べてほしいなあ・・・)
そう言いながら、黒いプッシーはお嫌いかしらとショーツをずらしておま○こを見せた。
images (17)





スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

*    *    *

Information

Date:2016/12/22
Trackback:0
Comment:0
Thema:18禁・官能小説
Janre:アダルト

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://hawks5810.blog.fc2.com/tb.php/292-2f6545bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)