FC2ブログ
 

愛ラブYOU

□ ネットのプリンス □

ネットのプリンス 10

「おいしいわ!あなたのエキス、最高だわ!」
女は洋介に覆い被さり、精液の匂いが残っている唇でディープなキスを求めた。

あまり気分のよいものではなかったが、
自分の放出したものを喜んで飲み干してくれた愛しい女性なのだ。
洋介は自ら舌を女の口中に潜り込ませて自分の残り香を味わった。

「すごく溜まっていたのね‥‥あんなに出したのにまだこんなに硬いわ‥‥」
女は喜んでペニスをしごいた。
しっかりと吸い出してもらったはずなのに、
精液の残り汁が鈴口から雫になってこぼれた。

「まあ、もったいないわ」
女はそれをペロペロと舐めた
射精したばかりの亀頭は感じやすくなっていて
思わず腰を引きそうになるほどの刺激だった。

「ちゃんとお返しさせてもらわなきゃ叱られますね」
洋介は、そう言うや否や、女を組みし抱き彼女の膝裏を鷲掴みにすると
、これ以上開かないというほどのVの字にさせると、
その真ん中でいやらしい涎を流しているおまんこに吸い付いた。

「あ、あ!!そんないきなり!」
やめなさいとS口調で命令を与えるスキを与えずに
洋介はズリュズリュと淫靡な音をたてて愛液をすすった。
先ほどバスルームで、なんども撫で回してシャボンで洗ったというのに、
彼女の亀裂は濃厚なチーズの匂いがした。

舌先を思い切り伸ばして秘唇を掻き分け、淫道のエントランスで遊ばせた。
「あ、あ、あ!!」
舌先が肉壁を打ち鳴らす度に女もまたそれに共鳴するかのように短く喘いだ。

淫道の入り口にピタリと吸い付き、フーと息を吹き込んで、
頃合いを見計らって口を離すと
ピンク色の淫唇をプルプルと震わせながら空気が漏れ出た。

ぷすぷす、ぶるる‥‥
放屁にも似た音が彼女の女の部分から流れる。
「ああ~、いや、聞かないで!恥ずかしい!!」
放屁ではないのに似た音を発してしまうのはこれ以上ない羞恥に違いあるまい。

辱めを受けることでSの心がMに転換されてゆく。

「恥ずかしいか?」
問いかけてやると女は頬を上気させながらも口を真一文字にして、
ただ、イヤイヤをするように首を降り続けた。

『あともう少しか‥‥』
洋介は左手の人差し指と中指で女のクレバスを押し広げ、
ぽっかりと開いた膣口めがけて右手の人差し指、中指を揃えてズボズボと突き刺した。


b216db1d-s.jpg


ポチしてね

スポンサーサイト
[PR]


*    *    *

Information

Date:2014/02/26
Trackback:0
Comment:4
Thema:18禁・官能小説
Janre:アダルト

Comment

*

Mのフリからの、逆転s攻め(*′艸`)
この逆転劇は、倍の快楽に包まれますね(〃∇〃)
2014/03/01 【影依】 URL #DaqWDIIE [編集] 

*

エッチい\(^^)/
したくなっちゃう(笑)
2014/03/02 【るみ】 URL #- 

* Re:

影依さん ^^
攻めているとおもってたら
いつの間にか攻められていた‥‥
実際は攻守逆転したときの心境はどうなのでしょうね
確かに俺は基本的に攻めているけど
たまに全てを相手の思うままに身をゆだねたいと思ってしまうんですよ
2014/03/03 【ほーくん】 URL #BqCwpAP6 [編集] 

* Re:

るみちゃん ^^
そう思ってもらえたら光栄です
たまに自分でもおちんちんをシコシコしながら書いてます(笑)
2014/03/03 【ほーくん】 URL #BqCwpAP6 [編集] 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://hawks5810.blog.fc2.com/tb.php/24-8a321381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)