FC2ブログ
 

愛ラブYOU

2019年04月の更新履歴 [前月]  [次月]

2019/04/29
3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 8
2019/04/27
3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 7
2019/04/26
3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 6
2019/04/25
3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 5
2019/04/24
3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 4
2019/04/22
3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 3
2019/04/21
3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 2
2019/04/20
3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 1
2019/04/19
ロビン] ロビン 15
2019/04/17
ロビン] ロビン 14
2019/04/16
ロビン] ロビン 13
2019/04/13
ロビン] ロビン 12
2019/04/11
一区間だけのラブストーリー] 一区間だけのラブストーリー 8
2019/04/05
ロビン] ロビン 11
2019/04/02
ロビン] ロビン 10
BACK|全1頁|NEXT

3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 8

 概要: 翌日…「ねえ、放課後は大井崎先生の家に行くんでしょ?」美雪はワクワクした表情であおいに聞いた。「今日はパスね…」「どうして?昨日の動画で先生を言いなりにしようっていう計画だったじゃん」「編集しなきゃ…あのままならどう見てもあんたが誘っているようにしか見えないし…」「言えてる…」「それに今日は何だか熱っぽいのよ…悪いけど計画は明日以降にしてくれない?」「そっか~…わかった…お大事にね」大井崎先生の家に行けないのは残念だけ...

3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 7

 概要: あおいと美雪はあおいの部屋で早速録画した画像をチェックし始めた。最初はクスクスと笑いながら見ていたあおいだったが、「美雪~、あんた感じすぎよ!これじゃ先生に襲われているというよりはあんたが襲っているみたいじゃない!」そう言って怒り出した。「ごめ~ん…でも、なんて言うか自然の流れでそうなっちゃったのよ」これでは大井崎先生を貶めるには少し弱い…でも、生徒の裸にキスしたり舐めたりしてるのは事実だから、そこは編...

3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 6

 概要: あおいがコンビニへ出かけると二人残された部屋には気まずい空気が流れた。「え、え~っと…お腹は痛くないか?」一応、保健体育の教師なので生理痛のことは理解していた。会話のきっかけにでもなればと恭輔はとりあえず話してみた。「ん?生理?…あ~、あれは嘘よ。先生と二人っきりになりたくてあおいに席を外してもらう口実だもん」「嘘?…どうしてそんな…」うろたえる恭輔を尻目に美雪はベッドに座りこんで停止するのを忘れてた...

3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 5

 概要: 情事の後、シャワーを浴びてしっかりとボディソープで洗ったのでほんのりとソープの残り香をさせながら大井崎は帰途に着いた。ワンルームマンションのエレベーターを降りると二人の女子高生が部屋の前に座り込んで俯いてスマホをいじっていた。よくよく見ると、我が聖リリー学園の制服だし、両名の顔も見覚えがあった。「え、えっと君たち確か…」恐る恐る声をかけてみると「あ、先生ぇ~~…遅い!何してたんですか?」「それに自分...

3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 4

 概要: 『なんて可愛い声なんだ~!』もはや大井崎の心には芙美子が60のババアという気持ちはなかった。一人の女性として抱きたいと思っていた。「我慢できないんです。今すぐハメていいよね?」芙美子もまたヤリたくて仕方なかったのだろう。大井崎の頸に腕をかけると向かい合わせで大井崎の腰に跨がってきた。ガチガチに勃起したちんぽとヌレヌレのおまんこには手を添えるなど野暮な行為は不要だった。まるで長年連れ添ったカップルのよう...

3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 3

 概要: 大井崎は芙美子の顔中も舐めてみたかったが、メイクが剥がれて60のババアのすっぴんを拝むことには抵抗があったので顔を舐めまわすことだけは避けた。だが、そんな大井崎の思惑を尻目に芙美子は大井崎の顔を舐めては頬ずりを繰り返すものだから自然とメイクが取れていった。メイクが取れたスッピンを見て大井崎は驚いた。ビフォーアフターにさほど差がなかったからだ。『世の中に美魔女ってほんとにいるんだな…』作り物ではなく、...

3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 2

 概要: 「あ~~~、ほんと、むかつくわ」放課後、美幸とあおいはハンバーガーショップでセクハラの訴えを却下されたことに腹をたてていた。「ほんと何よ、あの大井崎って先生。オチンチンのシルエットが気になるんなら天井でも見とけってさ」むしゃくしゃし始めた女子高生ほど手につけられないものはない。二人はシェイクをズズズっと音を立てて吸い上げ、空になったカップをクシャと握りつぶした。「こうなったらさあ…セクハラの既成事...

3年C組 金玉先生] 3年C組 金玉先生 1

 概要: ここは女子校の『聖リリー学園』…その体育館の壁に貼り出された新しいクラス換えの表を見て在学生からは感嘆の叫声と嘆きのため息があちらこちらで交差していた。「美雪~!こっちこっち!」片平あおいは親友の沢町美雪を見つけると大声で呼んだ。「大きな声で名前を呼ばないでよ…恥ずかしいじゃない…」「これが大きな声を出さずにいられるわけないじゃん見て、美雪、私たちまた同じクラスよ」あおいの指差すパネルを見上げると、確かに...

ロビン] ロビン 15

 概要: マリアが外へ飛び出すと向こうの闇の中から走って近づいてくる人影があった。『ロビンだわ!』暗闇の中で顔は見えなくても、その体格、走り方でロビンだと確信した。「ロビ~~~ン!!」マリアは力の限り腹の底から声を振り絞った。「マリア!!」駆け寄ってくるスピードが加速する。「マリア…良かった無事で…」お互いに裸同士で闇の中で抱擁を交わした。「私は無事だけど…自警団のリーダーが…」ロビンが納屋の中を覗いてみると、口から...

ロビン] ロビン 14

 概要: 一方、ロビンはマーガレットの体にキスの雨を降らしていた。マリアを嫁に迎えて、時折こうしてマーガレットと性交するのも悪くないなと思っていたりもした。「マリアが帰ってくる前にもっとSEXを楽しみましょうよ…」焦れたマーガレットはインサートをねだった。「じゃあ、今度はマーガレットが上になってSEXしようぜ」「いいわ…私が導いてあげる…」マーガレットはロビンの腰に跨がるとコックを握りしめてその亀頭で数回プッシーの入り口...

ロビン] ロビン 13

 概要: ロビンとマーガレットはお楽しみの最中だったが一方のマリアはというと…猿轡をされ手も縛られて自警団リーダーの納屋に閉じ込められた。自警団メンバー数人が見張りのために残ると言ったがリーダーはそれを頑なに拒んだ。「お前たち、俺の剣術の腕前を知ってるだろう?こんな魔女一人、俺だけで十分だ。さあ、帰って休んでくれ。明日は処刑で忙しくなるぞ」そう言って追い返してしまった。それまでの喧騒が去り、村には再び静寂が...

ロビン] ロビン 12

 概要: レスリーの声を聞いて警ら中の自警団がベッドの上で怯えるマリアを取り囲んだ。「お前が魔女か?」自警団リーダーの問いかけに、ただ首を振り続けた。一人や二人ならば波動で吹き飛ばす事もできたが6人もの相手だとさすがに分が悪かった。おまけにすぐさま後ろ手に縛られてしまってはどうすることも出来ない。波動は手のひらからしか発することが出来ないためだ。着衣をレスリーに破られていたのでほとんど全裸に近いマリアを見下ろ...

一区間だけのラブストーリー] 一区間だけのラブストーリー 8

 概要: 第八話 フルーツサンド翔太は久しぶりに帰省してみた。大学生の翔太は思うような就活を展開できずに少々落ち込んでいた。最寄りの駅には兄貴の嫁である千佳子が迎えに来てくれていた。義姉の千佳子とは兄貴との結婚式で一度会っただけなので車に乗り込んでもちょっぴり気まずい空気が流れた。思えば「お帰りなさい」と義姉が話しかけ「ただいま…迎えに来てもらってすいません」と俺があいさつしてから一言も言葉を交わしていなか...

ロビン] ロビン 11

 概要: 「ごめんなさい…大きな地図を描いてしまったわ…」情事の興奮が冷めてマリアは正気に戻って自分のラブジュースでこれでもかと濡らしてしまったシーツを見つめながらポツリと告げた。「かまわないさ…それほど気持ち良かったという証拠なんだから…」マーガレットを連れ戻す前にシーツを新調しなきゃあとレスリーは考えた。いや、これほどの上玉の女にはそうそうお目にかかれない。マーガレットをロビンにお下がりとして受け渡してこのまま...

ロビン] ロビン 10

 概要: 「ああ~…ダメよ!ほんとにダメなんだってば!」Gスポットを指の腹で激しく刺激され、とんでもない波がやって来る。「出ちゃう!ねえ、出ちゃうってば!!」なにが出るというのだ?レスリーの興味は女の乱れように興奮し、指の動きを抑える事が出来ない。いや、さらに激しく指の抜き差しを繰り返した。「ごめんなさい!出ちゃう!!」マリアが叫ぶと同時に指を押し返す勢いでプッシーから今まで見たこともないほどの大量のラブジュースが...
BACK|全1頁|NEXT