FC2ブログ
 

愛ラブYOU

2018年11月の更新履歴 [前月]  [次月]

2018/11/18
ペニクリを愛して…] ペニクリを愛して… 16
2018/11/15
ペニクリを愛して…] ペニクリを愛して… 15
2018/11/12
一区間だけのラブストーリー] 一区間だけのラブストーリー 第七話
2018/11/09
ペニクリを愛して…] ペニクリを愛して… 14
2018/11/07
ペニクリを愛して…] ペニクリを愛して… 13
2018/11/03
ペニクリを愛して…] ペニクリを愛して… 12
BACK|全1頁|NEXT

ペニクリを愛して…] ペニクリを愛して… 16

 概要: 『挿入しちゃった…』筆おろし以来の彼女のおまんこに私のペニクリは根元まで突き刺さりました。「ああん…」奇しくも同じように彼女と同じように甘い喘ぎ声をあげてしまいました。『気持ちイイわ…なんて気持ちイイんでしょ…』筆下ろしをされたときはこんなにも感じなかったのに今は女のおまんこの良さがハッキリとわかる。腰を振ってやると、その動きに合わせて「あ!あっ!ああん…!!」と喘ぐ女…私も早く女になって冴子さんのちんぽで...

ペニクリを愛して…] ペニクリを愛して… 15

 概要: 私は彼女の背中から降りてあげて自由の身としてあげた。待ってましたとばかりに彼女は仰向けになり、脚を大きく開いて私におまんこを見せつけました。「ここに…おまんこにお仕置きを下さい…」そう言いながら自分の手でおまんこを左右に押し開き、さらにいやらしい匂いを放ちはじめたのです。「どんなふうにお仕置きされたいのかしら?」焦らす訳でもないけれど、私自身、あの筆おろし以来の女とのセックスなのでどのように責めて良いも...

一区間だけのラブストーリー] 一区間だけのラブストーリー 第七話

 概要: 第7話 マドレーヌ私と彼がいい仲になったのは先月の事でした。彼はM大の学生で中 学 生である娘の家庭教師です。娘の成績はお世辞にもよく出来る方ではありません。おまけに服装も派手で友達付き合いも親として快くない方達ばかりです。当初は塾に通わしていたのですが、てっきり塾通いしているものだと思っていたのですが、ある日、塾の方から「ずっと無断欠席されてますがお体の具合でも悪いのですか?」という連絡をいただき...

ペニクリを愛して…] ペニクリを愛して… 14

 概要: 学生の頃もそうだったが、恥垢が好きだと言う言葉に嘘偽りはないようで彼女は恍惚の表情でペニクリを綺麗に掃除しました。私は今にも白いラブジュースを噴出しそうでしたがお尻の穴にキュッと力を込めて耐え忍びました。あくまでも放出させるのは彼女の尻穴だと決心していたからです。「お掃除はもういいわ。今度は私があなたのおまんこの具合を確認させてもらうわね」私は彼女に添い寝してキスをしながら右手を彼女の股間に差し込み...

ペニクリを愛して…] ペニクリを愛して… 13

 概要: 「あなたが女性のようだからこうしてヌードを見られても全然恥ずかしくないわ」先輩の望月直美は惜しげもなくオールヌードを、私に見せつけました。その胸は学生時代から成長していなくて見た目はBカップといったところでした。先輩の下半身を見て、私の目はしばし釘付けとなりました、誰もが生えているデルタの陰毛がなく、ツルツルとした股間でした。 「あ、違うのよ。ほんとは毛があるんだけど剃ってるのもちろんそういう趣味...

ペニクリを愛して…] ペニクリを愛して… 12

 概要: 私は当日、少し早めにハンバーガーショップに到着して彼女を待ちました。約束の時間ちょうどに彼女はお店にやって来ました。私と目が合ってからも彼女はキョロキョロと店内を見渡しています。『あ、そうだ…私、以前と違って女性化してるんだったわ』おまけに学生時代から数年が経っていて一度しかお会いしていない相手だからわからないのも無理はなかった。「先輩!ここです!」私は立ち上がって先輩に手を振りました。先輩は怪訝そ...
BACK|全1頁|NEXT