FC2ブログ
 

愛ラブYOU

2017年10月の更新履歴 [前月]  [次月]

2017/10/31
OL由美香 恥辱の契り(コラボ作品)] OL由美香 恥辱の契り3(コラボ作品) 
2017/10/30
OL由美香 恥辱の契り(コラボ作品)] OL由美香 恥辱の契り2(コラボ作品) 
2017/10/29
OL由美香 恥辱の契り(コラボ作品)] OL由美香 恥辱の契り(コラボ作品)
2017/10/27
女優] 女優 第Ⅱ章 7
2017/10/25
女優] 女優 第Ⅱ章 6
2017/10/23
女優] 女優 第Ⅱ章 5
2017/10/18
女優] 女優 第Ⅱ章 4
2017/10/16
女優] 女優 第Ⅱ章 3
2017/10/15
女優] 女優 第Ⅱ章 2
2017/10/13
女優] 女優 第Ⅱ章
2017/10/08
短編集] 愛の宅配便
2017/10/06
JOY] JOY(濡れる女医) 17
2017/10/05
JOY] JOY(濡れる女医) 16
2017/10/04
JOY] JOY(濡れる女医) 15
2017/10/03
JOY] JOY(濡れる女医) 14
2017/10/02
JOY] JOY(濡れる女医) 13
2017/10/01
JOY] JOY(濡れる女医) 12
BACK|全1頁|NEXT

OL由美香 恥辱の契り(コラボ作品)] OL由美香 恥辱の契り3(コラボ作品) 

 概要: 「お前の体は、ほんとに美しい…お前との情事をこれから記録に残すことにするよ」そう言って由美香の体から離れると、アタッシュケースから最新の小型HDカメラを取り出しコードを室内に据え付けられてある液晶テレビに繋いだ。大画面に横たわる由美香が映し出された。「いやん…恥ずかしい」ビリビリに破られたパンスト…そこから覘く白い素足…手錠を嵌められ、乳首を真っ赤に腫らした淫乱な女が画面の中にいた。 「顔を背ける...

OL由美香 恥辱の契り(コラボ作品)] OL由美香 恥辱の契り2(コラボ作品) 

 概要: 指示どおり由美香は四つん這いになってペニスを追いかけた。「ははは…いいぞ~~!!お前は犬だ。俺の可愛いペットだ」さあ、ご褒美だ。たっぷりとお食べ。そう言ってピクピクと上下に首を振る巨根を由美香が咥えやすいように口元に近付けた。あああ…やっと舐めることができる…舌を伸ばし、亀頭の先から滴る我慢汁を舐め取る。やん…甘い…なんて美味しいのかしら…「おいしいか?」「ふぁい…おいひいでひゅ」(はい…おいしいです)ペ...

OL由美香 恥辱の契り(コラボ作品)] OL由美香 恥辱の契り(コラボ作品)

 概要: 金沢明人は毎日が天国だった。入社して1ヶ月、公園の木々は新緑の色濃く、新聞の朝刊には五月病という文字が踊り始めていた。だが明人は五月病など、どこ吹く風だった。なぜなら直属の上司が社内一美人だと評される桜木由美香だったからだ。由美香は二流大学卒ながら、わずか4年で係長という役職を手に入れた女だった。「どう?仕事は慣れたかしら?」デスクでパソコンを相手に格闘している明人に肩に手を添え手元を覗き込みなが...

女優] 女優 第Ⅱ章 7

 概要: 「入ってるゥ~!あなたのちんぽが私のまんこにずっぽりと入ってるゥ~!!」 こんな体位はお仕事でも経験したことがなかった。 後背位の変形と言うのだろうか…この体位にネーミングはあるのだろうか… 愛子の頭上には男の股間があった。 まんぐり返しのまま尻を鷲摑みされて体を屈曲されて嵌められた。 「どうだい。挿入されてるのが丸見えだろう?」 「見える…見えるわ!!ズポズポに刺されてるのが丸...

女優] 女優 第Ⅱ章 6

 概要: 男が愛子の腰をがっしり掴んでグイッと上に引きずりあげると そのまま、まんぐり返しの格好をさせてホールドさせられた。 この体位はお仕事で何度か経験していた。 モザイクが強めだった頃は画的に画面のほとんどがモザイクがかかり、当初はAV的に好まれる体位ではなかったとベテラン監督さんからお話しを伺ったことがある。 だが薄消しモザイクが主流の昨今はM字開脚よりもアナルまで丸見えになることでけっ...

女優] 女優 第Ⅱ章 5

 概要: 『おおぅっ…なんて気持ちイイ尺八なんだ。憧れの愛子ちゃんが俺のち〇ぽをしゃぶってる…まさかこんな日がほんとにやってくるとは…』 男は官能に身を委ね愛子のお口の奉仕を堪能した。 しゃぶられ、気持ち良さに酔いしれながらも男は部屋の四方を確認した。 花瓶の陰、壁に掛けた額縁の片隅、天井のシーリングライトの脇、ベッドのスチールパイプの上…あらゆる方向からCCDカメラのレンズが痴態を狙っていた。 ...

女優] 女優 第Ⅱ章 4

 概要: 「ちょ、ちょっとタンマ!」 キスをしようとした愛子の唇に男が人差し指をくっつけて阻止した。ちょうど「シーッ」と言う声を小さくのポーズだ。 「何よ、したいんでしょ?」 ほら、こんなに硬くなってるわと男の股間を握りながら愛子はカーセックスをしましょうと催促した。 「いくら何でもここじゃあまずいっしょ…スタジオ関係者がよく往来するし、それにこの車は車高が低すぎる。外から丸見えじゃん」 ...

女優] 女優 第Ⅱ章 3

 概要: チュッ…二人だけの静かなメイクルームに濡れた唇が離れる音がやけに大きな音に感じた。 「あ、ご…ごめん…」 我に返った前川聡が慌てて飛び退いた。 頭を抱えながら「俺、何やってんだ…女優さんにキスしちまうなんて…」と自分を恥じた。 「キスしたくなっちゃった?」 「ええ、まあ…何だか俺にキスしてくれと言われてる気分になっちゃって…」 「もっとキスしたい?」 「えっ?」ルージュがとれ...

女優] 女優 第Ⅱ章 2

 概要: プロのメイクさんに綺麗にしてもらえるので男優に冷たくあしらわれた事さえ忘れ、愛子の心は弾んだ。 メイク見習いの女の子におしぼりで拭いてもらったとはいえ、それでもザーメンが残っていたのか胸とお腹は糊が乾いたように突っ張った感覚があった。 熱めのお湯で流してやると突っ張り感がなくなり、心身共にリラックスできた。 脚を開いて股間にもたっぷりのお湯をかける。 何せ唾液たっぷりに舐められたり...

女優] 女優 第Ⅱ章

 概要: 宮崎愛子がアイドルグループを脱退してAV女優に転向してから2年の月日が流れた。デビュー作がヒットしてからAV業界で、ある程度の地位を確立し、撮影もスタジオセットとなり、ラブホテルでの飛び込み撮影もなくなったので待遇としてはかなりよくなり、月1ペースで新作をリリースしたり、たまにではあるがTVのバラエティー番組にも顔を出していた。AVの撮影は90分の作品で2,3日かけて撮るため時間の拘束がきびしかっ...

短編集] 愛の宅配便

 概要: ベーコンエッグにトーストとコーヒーそれにたっぷりのサラダ…休日の目覚めは遅い。朝食のような軽いメニューが比奈子の昼食…<ブランチ>文字通り朝食をかねての昼食。お掃除もしたいしお洗濯もしたい。久しぶりの休日はやらなければいけないことが多い。以前から観たいと思っていた映画の封切り日だったので観に行きたかったが、今日は外出をすることが出来ない。なぜならばネットショッピングで購入した品物が届く日だから…『ま...

JOY] JOY(濡れる女医) 17

 概要: 真由子を助手席に座らせるのはこれで2度目… 最初は幸人との行為を繕うべきか、それともちゃんと話すべきか心に迷いがあるドライブだった。 だが、今はどうだろう…彼女と車内という狭い空間の中で、こんなにも心華やぐ時間になろうとは。「片手運転は危ないですよ」 真由子に注意されながらも奈美の左手は真由子の太股にタッチしていた。 言葉では片手運転をやめたほうがいいと忠告しながらも真由子は自分の右...

JOY] JOY(濡れる女医) 16

 概要: 出張から帰ると仕事が山のように堆積していた。 「大場さんのカルテを見せてもらうわね」 幸人もギプスが外れ、間もなく退院という見通しとなっていた。 「あら、珍しい…奈美先生がナースステーションに来るなんて」 ベテランナースの小向洋子がイヤミのように呟いた。 「担当医室の私のパソコンが不調で電子カルテが見れなくて…」 洋子のイヤミを軽く受け流して奈美はカルテに目を落とした。 ...

JOY] JOY(濡れる女医) 15

 概要: 光太郎は丁寧に衣服を脱がせてくれた。 「あの夜とは段違いね」 「そこは覚えているんだね」「あの時は乱暴だったわ」 「それは誤解さ、君、酔っ払って暴れるんだもん。こちらも女の扱いにはそう慣れていない年頃だったし、無我夢中だったんだよ」 「でも、こんなにスマートだとあの夜の再現とは言えないわね」 「そっか…じゃあ、乱暴に君を抱こうか?」 「ううん…実はね、あの夜の再現なんてどうで...

JOY] JOY(濡れる女医) 14

 概要: セミナー室の片隅で奈美はボールペンを指先でクルクルと回し考え事をしていた。 壇上では海外から招かねた著名なドクターが膝関節の新しい術式の説明をしている。 大事なセミナーだというのにまったく心此処にあらずであった。 整形外科学会に出席するために3日間の休診を余儀なくされた。 帰ってきたら一緒に遊びましょうねと真由子に耳元で囁いたのだが「あ、はい…」と気乗りしない返答だったのが気になって...

JOY] JOY(濡れる女医) 13

 概要: 『な、なんて素敵な匂いなんだ!』 香りの薄い奈美先生と違い、熟女ならではの芳香の強さが幸人を官能の渦に誘った。 舌を伸ばすと肥大した陰唇をベロベロといたぶった。 「う゛ぐッ!!」声高らかに喘ぎたいのをグッと堪えたのだろう口を手で塞いのだろうがくぐもった声が漏れ、それがかえって幸人をそそらせた。 己の行為に素直に反応する女をもっと感じさせちゃえと幸人の舌攻撃は激しさを増した。 割...

JOY] JOY(濡れる女医) 12

 概要: 「う゛…」生臭いドロリとした液体が口の中いっぱいに広がる。 AVなどではゴクンと飲み干すシーンもあるが、どうしても抵抗があって飲めずに困っていた。 「いいんだよ、ほら出して…」 誠志がティッシュを何枚かボックスから抜き取り手渡してくれた。 「ごめんなさい…」吐き出すと大量の精液がティッシュに包み込まれた。 「いいんだよ、お口で受け止めてくれただけで大満足さ。それよりも我慢できなくて...
BACK|全1頁|NEXT